免許を取るなら合宿免許がオススメ【一人でも参加できる】

合宿免許で免許を取得するメリット【一人でも寂しくない】

二種免許を取りたい

タクシー運転手になるのであれば二種免許は必要不可欠です。免許を取る方法は2種類のパターンがあります。今回はそれぞれの特徴について記載しましたので、自身に合うスタイルがどれなのか参考にしてください。

免許を取得する方法の違い

教習所へ通う

自宅から直接自動車学校へ行き講習を受けるスタイルです。自分自身でスケジュールを管理する必要があります。日が空いてしまうと運転の感覚を忘れてしまうためなるべく続けて講習を受けるのがポイントです。

合宿免許に参加する

自動車学校と提携している宿泊施設に泊まりながら、自動車学校へ通うスタイルです。あらかじめカリキュラムが組まれているため自分自身でスケジュールを管理する必要がありません。

免許を取るなら合宿免許がオススメ【一人でも参加できる】

男性

短期間で取得することができる

自宅から自動車学校へ通うスタイルは、免許を取得するのに数ヶ月かかることも珍しくありません。しかし、合宿免許では3週間前後で取得することができます。早くタクシー運転手になりたいのであれば合宿免許に参加するとよいでしょう。

ウーマン

費用が安い

自動車学校通いの場合、免許の取得費用に30万円以上かかります。合宿免許の場合は自動車学校にもよりますが、20万円以下の費用で免許を取得することも可能です。

勉強道具

出会いがある

自動車学校通いは他の人との親しい交流が難しいでしょう。しかし、合宿免許であれば一人で参加したとしても、同じ宿泊施設の参加者と気軽に交流することができます。合宿免許で友達ができたりカップルになったりするケースもあるのです。

合宿免許の選び方

赤い車

保証内容をチェック

一発で試験に合格できれば問題ないのですが、修了試験や卒業試験に落ちてしまうことも考えられます。このような時、試験に合格するまで追加料金が発生しないという保証がついていれば安心して臨むことができるでしょう。なお、保証できる回数には制限がついていますので、事前にホームページで細かい内容を確認しておいて下さい。

料金を見る

合宿免許に参加するからには費用を安く抑えたいものです。合宿免許は通常の自動車学校通うより費用は安いですが、時期によって料金が変わってきます。オフシーズンに合宿免許に参加することができれば更に費用を安くすることができるでしょう。学生が少ない4月~7月または9月~1月頃がおすすめです。

周辺の環境

合宿免許に参加するとその施設で数週間過ごすことになります。自宅からある程度の荷物を持っていきますが、忘れ物があったり、過ごしていくうちに日用品が必要になったりする場合があります。そのような時、付近にコンビニやスーパーがあるととても便利です。事前に調べてみましょう。

指導員の評判

免許を取得する際、教え方が上手い指導員の講習を受けたいと思うはずです。ホームページに指導員の画像を載せているところは評判が高い傾向にあるようです。またインターネットの口コミも参考にすることができます。もし合宿免許に参加したことがある方が周りにいれば感想を聞いてみるのも一つの手です。

開催しているイベント

参加中楽しく過ごしたい方は、どのようなイベントを開催しているのか確認してみましょう。ウィンタースポーツ体験やマリンスポーツ体験、観光地巡りなど合宿免許ごとに様々なイベントがありますので、自身が楽しめるような行事の有無をチェックしてみて下さい。

広告募集中